精力剤New 2H&2D

icon title むきあうために

EDという病気は男性にはかなり大変な病気かも知れません。
しかししっかりとクリニックに通い治療することができれば治すことができます。

自分は大丈夫という安心はいけません、少しでも違和感を覚えたらすぐにでも治療に行くべきです。

早期に見つけ、パートナーとともにその病気を乗り切ることが大切になります。

身体的影響だけではなく精神的な影響も大きく関わってきます。
一人で抱え込むのではなく、信頼できる人に相談する、などのケアが必要になってきます。

精力剤超金龍

icon title 薬もある

EDの原因で薬というもの原因があります。
そういった機能を抑制させる働きの薬を飲んでいたりする場合もあります。

しかしその逆のものもあります。
それは一般的にはバイアグラとよばれているものもあります。
これは勃起力を上げるもので、息子をギンギンにさせるための物になっています。

このバイアグラを使うと不勃起な人も勃起するということもあります。
このバイアグラは元々、違う目的の薬の開発中に副産物として出来たものです。

パーキンソン病という病気の特効薬の開発中に生まれました。
この病気は脳の神経に支障が出てくると発病する病気です。
若い人には少なく、40代からの人が多くかかります。
ジェームスパーキンソンという医師が症例を報告したことからこのパーキンソン病という名前が付きました。

症状としては震えや、無動、姿勢障害などがあります。
蝶のように舞蜂のように刺すという言葉で有名なボクサー、モハメド・アリもこの病に侵されています。

この治療薬として開発されていた時にこの勃起を促す効果があることがわかり、それを使われる事が出てきました。
それがこのバイアグラとよばれるものです。
これは神経に強い刺激を送り、その神経に支障がでるのを刺激して活動させているのでその勃起を促しています。
クリニックでは使われることは少ないみたいですが、処方する場合もあります。

精力剤ハブ大王

icon title まず原因と向き合う

EDには様々な原因があります。
治療に当たるには直接的な原因と向き合うことが必要になります。
そのためのカウンセリングやヒヤリングを行うクリニックは多くあります。
その原因をさぐり、原因を知ってもらうことが治療の最前提になってきます。

精神的な場合はゆっくりとカウセリングをしてその心のキズをゆっくりと治していくことが重要になります。
そのカウンセリング中に医師と泣き合うといったこともあるほどにEDの原因となる精神的なものは深くあったりもします。

そして身体的な原因としては生活を見直す事が必要になってきます。
生活環境などリズムが不規則の場合、そういったことを見直し治療していかないと根本的な解決に向かっていないということがあります。
そういった原因の根本的な解決をしていかないといけません。

精神的なものはパートナーとの会話も重要になります。
何気ない一言が人によってはかなりのダメージになります。

そういったものをなくしていいかないといけません。

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
October 2014
M T W T F S S
« Jun    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031